11月から12月は合説の時期ですので、2017年に卒業する学生は参加すると希望する就職先を一日も早く見つけることができる可能性が広がります。略称の「合説」はその運営をする団体により「合同企業説明会」「合同説明会」「合同会社説明会」「合同就職セミナー」「企業展」など様々な名称がつけられていますが、就職希望者を対象に多数の企業がブースを設置して仕事の情報を提供する場です。


就職サイトの運営企業や地方新聞社などが主宰するのが一般的です。もちろん参加費用は不要で予約も必要ないところが大部分です。

とりあえず、合同説明会に足を運んでみましょう。

合説に参加する場合は、各会社のパンフレットが入るバッグや筆記用具、あるいは気にいった企業などから訪問を持ちかけられた時などに確認するスケジュール帳などを持っていくようにします。

服装についての決まりはありませんが、大部分の人はスーツを着用しています。
会場に入ると通常はエントリー用紙が用意されていますので記入します。

複写式になっていますので、その日に訪問する企業分は1回の記入で足りると思います。

合同説明会に参加する中で、心境が変わるのは珍しくありません。

エントリーの記入が終わったら、就職先として興味があるブースを訪問します。

できるだけ多くのブースを訪問することをお勧めします。ブースでは企業の採用担当者が会社の説明を行ってくれます。2~3席の小規模のものから100席位ある大規模のものまで様々です。

説明が終わった段階で採用担当からその後の案内があるのが通常です。

評判が高い池袋のニキビの皮膚科情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

その企業が主催する会社説明会や選考会あるいは面接などの案内があって、希望する場合はその場で予約すると良いでしょう。